インドネシアの魅力

インドネシア基礎データ

巨大な内需を背景にインドネシアマーケットは継続的に成長している。

各国比較

人口(2015年)

東南アジア最大の人口(世界第4位)を抱えるインドネシアは、中間層の拡大が見込まれ、幅広い分野で継続的な経済成長が期待されている。

  • インドネシア
  • タイ
  • ベトナム
  • マレーシア
  • フィリピン

出典:JETRO、各国中銀資料

人口ピラミッド
  • 男性 女性インドネシア
  • 男性 女性タイ
  • 男性 女性ベトナム
  • 男性 女性マレーシア
  • 男性 女性フィリピン

Source: United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Population Division.

名目GDP(2015年)

人口2.5億人の内需を背景に、名目GDPは東南アジア最大級。

  • インドネシア
  • タイ
  • ベトナム
  • マレーシア
  • フィリピン

出典:IMF

一人当たり名目GDP(2015年)

一人当りの名目GDPがUSD3,000を超え、日本の高度経済成長期と重なる経済規模拡大が見込まれる。

  • インドネシア
  • タイ
  • ベトナム
  • マレーシア
  • フィリピン

出典:IMF

実質GDP成長率(2015年)

高いGDP成長率を維持、今後も継続的な成長が見込まれる。

  • インドネシア
  • タイ
  • ベトナム
  • マレーシア
  • フィリピン

出典:JETRO、各国中銀資料

工場労働者労働賃金(2014年)

高騰するタイ・マレーシア等の人件費と比較し、徐々に上昇はしているものの労働賃金は低め。

  • インドネシア
  • タイ
  • ベトナム
  • マレーシア
  • フィリピン

出典:JETRO、各国中銀資料

親日度合(2014年)

東南アジアは総じて親日度合が高く、とりわけインドネシアにおいては日系の二輪四輪車メーカーのシェア95%以上占める点や
他の日本ブランドの浸透等、日本に対する好感度が高い。

ASEANの人々から見た日本の印象(%)
  • 非常に重要
  • ある程度重要
  • 重要ではない
  • 無回答
  • インドネシア
  • タイ
  • ベトナム
  • マレーシア
  • フィリピン
グラフグラフ

出典:外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000036036.PDF

CONTACTPAGE TOP